毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

趙 英男 (チョウ・ヨンナム)

「殴り殺される覚悟で書いた親日宣言」

「オッチャン、こんなタイトルにしたら、あんたの国ではヤバいんじゃないの?」
本屋で見かけた時、そう感じた本だった。

思わず手に取ってパラパラと内容を見ると、著者は韓国の有名な音楽家で、KBSで13年間に渡り自分の番組を持っているという。
その彼を日本の国際交流基金が招待し、彼は生まれて初めて来日したそうだ。

立ち読みしていて、本の後ろの方のページに、帰国前日に仙台でのコンサートをひらいたそうで、その事に少し興味が湧いたので思わず購入してしまった。
読んでみると、彼の初来日の言わば道中記の様な物で、別段取り立ててどうのこうのと言う様な内容ではなかった。
コンサートだが、音楽には国境が無いというエピソードが数ページ書かれていて、
「な〜んだ、こんなの当たり前じゃん」
と言う訳で、この本は本棚の肥やしになる運命となったのだ。

今日、久しぶりに朝鮮日報を覗いたらどこかで見た事の在る文字が目に飛び込んで来た。

「趙 英男」

関連記事を読むとどうやら殴られてはいないが、
「たたかれた!」
ようで、KBSの番組も降板すると言うことらしい。

逆の立場で、日本で有名な「タモリ」が韓国に招待され、自分の感じたままを原稿に書き、
単行本を出版したらどのような事になるのだろうか?

多分その本はごく普通に本屋に並び、おそらく「タモリ」のファンが手に取る程度でそれが原因で番組を降りなければならなくなると言う事態は絶対に起らない。

ところが韓国ではそんな馬鹿な事が現実に起きてしまうんだから面白い。

しかも趙 英男(チョウ・ヨンナム)もお馬鹿さんだ。
自分の体験を文章にした訳で、それは他でもない自分だけの体験と言う訳だ。
誰が何を言おうがそんな事はどうでも良い事なのに、ネットの書き込みにいちいち反応してしまう情けなさ。

こんな記事も有った。
 30年以上ある大学博物館の象徴の木となってきたヒマラヤシダが今月12日に切り取られた。某地元紙は「3月末、全北(チョンブク)大学博物館を訪問した兪弘濬(ユ・ホンジュン)文化財庁長が『ヒマラヤシダは朴正熙(パク・ジョンヒ)政権時代の1970年代、大規模に植えられた代表的な親日の残骸であるため、抜いてしまった方がよい』と勧めたため」と報道した。etc・・・

何とも滑稽な話で、この事を自分の子供に尋ねられたら一体どう答えるんだろう?

朝鮮日報はお笑いのネタがいっぱい溢れていそうだ。

喜多見 梁右
[PR]
by jazzman23 | 2005-04-29 00:27 | 独り言