毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

苛められるにはそれなりの理由が有ります。

「説教や指示はだめ」 いじめ相談にガイドライン

最近苛めがクローズアップされています。

今更始まった問題ではないのですが、最近は苛めが社会問題化して来ました。

50年程前、私が小学校に通っていた当時にも当然苛めは在りました。私自身
苛められっ子でした。

両親が共働きだったので当時の私は今で言う「カギっ子」だったのです。

元気の無い私に気がついた母が私の事を父に相談したようで、早速父が私に
こう言ってくれたのです。

リョウスケ、もし誰かに苛められたらこう言うんだぞ。
「いい加減にしないとお父さんに言いつけるぞ!僕のお父さんはすごいんだから。
どうなっても知らないからね。」
そして何か有ったら仕事を休んで助けに来てくれると約束してくれました。

次の日から私は誰も怖くなくなっていました。誰かに理不尽な事をされても
一人じゃないんです。家で一番怖いお父さんが僕の味方なんです。

それから今日まで50年間、一度も苛めなどに有った事がありません。

鑑定士生活27年で分かったのですが、一人の人間には一人分のエネルギーが
有ります。このエネルギーはあなた独り分なのです。

この大事なエネルギーを自分の事意外に浪費してしまうと当然あなたはエネルギー
不足になってしまいます。
 すると不思議な事にエネルギーを浪費していない子達から見るとあなたの事が
疎ましく感じてくるのです。今の言葉で(ウザッタイ奴)に見えるのです。

だからエネルギーの強い子は無意識にあなたをかまってしまうんです。
それが世間で言う「苛め」だったのです。

解決法は至って簡単です。

自分のエネルギーを自分専用に使う事。
不足したエネルギーを充填する事。

この2点さえ出来れば自殺する必要は有りません。
但し苛められている本人が自発的に解決するのはむずかしいので、やはり周りの大人が支援しなければ解決しません。

エネルギーを高める事なら何でも効果がでます。
その子にあった方法を探してあげるといいですね。
[PR]
by jazzman23 | 2007-06-25 12:53 | 独り言