毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

中国から欠陥商品を輸入すると会社が無くなる恐れ!

大紀元にこんな記事が有りました。

最近騒がれている中国製品の欠陥によるリコール問題で、損害をかぶるのはてっきり中国の会社だとばかり思い込んでいたが、本当はそうではないらしい。

日本や欧米では製造者責任を問われそれで一件落着となるが、これに国際問題や未熟な法律しか無い中国が絡むとややこしくなってくるようだ。

アメリカでは欠陥商品を販売して会社がまず消費者から訴訟され、その後製造メーカーが販売会社から賠償を請求されるような仕組みらしい。という事は今回のペットフードでペットが死んだ損害は、まずアメリカの販売会社が消費者の矢面に立つという事らしい。

問題なのは中国から欠陥タイヤを輸入した販売会社で、45万本の欠陥タイヤのリコールの費用もままならないようだ。当然のように中国企業や中国政府は自国の企業を守るべく欠陥を否定している。仮にアメリカの販売会社が中国企業に損害賠償を求めても損害を支払われる可能性は全くと言っていいほど無い。

数年前に日本のタイヤメーカーブリジストンが、吸収合併したアメリカのタイヤメーカーのリコール問題できちんと責任を取った事と較べると今回のタイヤの欠陥問題の被害者はアメリカのユーザーとタイや販売会社になり、欠陥タイヤを作り、自由経済のルールを破り人命を奪い、資源を無駄使いし、公害をまき散らしている張本人は何の責任も取らず、稼いだ金で世界から資源を買い漁り、自由経済を混乱させ、軍備を増強し、・・・・書くのが嫌になって来た。

その国に日本国民がせっせと貯蓄した資金や日本人が工夫して培って来た技術を移転しようとしている企業家が居るという事は私にとっては信じがたい事だ。

産業スパイをする可能性の高い留学生を受け入れ、一人当たり年間480万円もくれてやるという日本国政府もアホばかりである。

漢民族に関わると国の存亡に関わってしまう事は「孫文」の革命を支援した大日本帝国が、消えてなくなった事を思えば分かる筈なのに、全く歴史から何も学ぼうとしていない。

1910年から国家予算の20〜30%を半島や大陸につぎ込んだその結果が現在の我が国である。歴史に「もし?」は無いと言うが我が国が半島や大陸に関わらずに済んでいたなら・・・・。
[PR]
by jazzman23 | 2007-07-14 15:22 | 独り言