毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

嫁と値段の事でぶつかりました

<中国製ギョーザ>事件発覚後、野菜の輸入が急減X

中国製冷凍ギョーザによる中毒事件の発覚後、中国産野菜の輸入が急減し、2月の第2~4週(3~23日)は前年同期より4割も落ち込んだことが、農林水産省のまとめで分かった。第4週は同6割減と落ち込みが拡大している。事件を受け日本の流通・加工業者が中国産の扱いを減らしたのに加え、中国の検疫当局が輸出検査を強化したことが原因とみられる。 

 農水省が6日発表した植物検疫統計(速報)によると、同期間の中国からの野菜輸入量は生鮮・冷凍の合計で前年同期比39.7%減の2万705トン。中でも第4週(17~23日)は60.8%減だった。

 品目別の減少幅は、タマネギ30%、ネギ34%、ゴボウ39%、ニンニク22%など。特に冷凍野菜の落ち込みが大きく、タマネギは59%減の135トン、ネギは80%減の106トンにとどまった。

 中国からの06年の野菜輸入は、生鮮54万トン、冷凍33万トンに上り、いずれも日本の輸入先のトップ。輸入の減少が長引くと、加工食品や外食の原材料不足、国産野菜の値上がりなどにつながる可能性がある


30年程前迄は八百屋さんの店頭の価格表示は金額だけでした。
主婦は商品を吟味して野菜類を購入していました。
でも、何の問題も有りませんでした。

買い物の主流が町の八百屋さんからスーパーにシフトして来てから、少しずつおかしくなり始めたのです。

八百屋さんで見かける商品は大抵の場合不揃いで、色も濃淡様々でした。でも畑で自然に成長する野菜ならそのような「違いは有って当然の事」でした。

スーパーの店頭に並ぶパック詰めの野菜は何故か形が一定に揃っているのです。
色もほとんど違いが有りません。
八百屋さんで買い物を続けて来た私はそのパック詰め野菜の不自然さに違和感を感じた事を覚えています。

私の知人に30年以上に渡り、化学物質の毒性検査を手掛けて来た毒物の専門家の中山栄基(なかやまえいき)先生がいます。
彼の研究に依ると
「自然界の物に人間が少しでも手を加えてしまうと、どんな物質も必ず毒性を持つ」
そうです。
元来人間は自然界の物を、そのまま体内に取り込んで肉体をつくって来ました。
自然で無い物質は人間にとって未知の物質で、肉体はそれに対して適応能力が無いのです。

ちなみに新たな物質に対して肉体が適応能力を獲得するのに必要な時間は、およそ3000年以上の時間を懸けた世代交代が必要だそうです。
この事は牛乳に含まれている乳糖を分解する酵素が、北欧の一部の民族にしかない事で推測されています。

冬の間食料が極度に不足する高緯度地帯に暮らす民族は数千年の歳月を懸けて民族のDNAを変化させて来ました。彼らには牛乳の乳糖を分解するのに必要な酵素が、何と体内で合成されているのです。この酵素は日本人を含め東洋人、東南アジア人には全くありません。

ヨーロッパ人にとって牛乳は優れた栄養食品かも知れませんが、東南アジア人、日本人にとっては牛乳は「危険きわまりない毒物」なのです。

なぜこのような牛乳神話が100年以上も我が国で信じられて来たかと言いますと、明治になって外国から大勢の学者を雇い入れましたが、栄養学の専門家を現在のドイツから呼び寄せたのです。

気候風土も植生も全く違う国から呼び寄せた栄養学が全てだといった間違った思い込みを、馬鹿げた事に我が国では100年以上もの間信じ込んで来たのです。

その結果、本来は生まれたばかりの牛の赤ちゃんだけが必要とする「牛乳」を大人の人間が身体に良いと思い込んで飲んでいるのです。
人間の赤ちゃんでさえ歯が生え始めたら母乳を止めて離乳食に切り替えますよね。まして大人がお母さんのおっぱいを身体にいいからと飲む筈が有りません。人間とは全く異種類の牛の乳を飲むなどという事は気違い沙汰です。

毒餃子事件以来中国大陸からの野菜類の輸入が減少して来たという事は、本来の望ましい状態に多少近付いて来た喜ばしい出来事だと思います。

中国産は値段が安い
これはおかしな話です。毒餃子を500円前後で購入し、食べた後何ヶ月も生死をさまよってしまったら、はたしてこの毒餃子は本当に安かったのでしょうか?

中国産の食品は全てリスクを覚悟しなければ食べられない食品です。
そのリスクをあなたはいくらと計算するのでしょう。
そのリスクに対するコストをどのように考えるかに依って高いか安いかを決めるべきです。

食品に限らず中国製は全てコスト計算が出来ない膨大なリスクを抱えていると思わなければいけないでしょう。

味の素は、今後も中国からの食品の輸入を続行すると発表しました。
この会社の経営者はリスクなどは無きに等しいと思ったのでしょう。

イタリアでは中国から輸入した鋼材に何と放射せん物質コバルト60が含まれていたそうです。
普通の国の常識では考えられない事ですね。

その鋼材を運んだ運送荷役担当者、その鋼材を加工して労働者の健康被害は一体誰が保証するのでしょうか。それをコスト計算したらはたしてこの鋼材は安かったのでしょうか?
[PR]
by jazzman23 | 2008-03-07 11:37 | 独り言