毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ファビョン(火病)の原因を発見か?

しょう油の起源は韓国?? 日本メーカーびっくり 「しょう油は韓国が元祖」だと、韓国の3大紙の一つ「中央日報」が伝えている。日本起源のように誤解されているのを正すため、今後韓国メーカーが世界戦略を発動するのだという。日本メーカーは「初耳」と驚き、ネットではこの記事が話題になっている

<昨日まで何十年と積み上げてきた常識が今日突然180度ひっくり返ってしまったら、一体人はどのような事態になるのであろうか?>

一度嘘をついてしまうとその嘘を発覚しない様に次から次に嘘をでっち上げる事になる。

そのような文化風習を持つ国が、何と日本のお隣に存在していたのだ。(て言うか、昔から知っていましたけど)

その国を代表するメディアである「中央日報」が、新たな「大嘘」を堂々と全世界に向けて誇らしく?発表したそうだ。
 国民はスーパーマーケットで醤油を購入する都度、誇らしい気分で「我が民族の優秀性」を感じる事だろう。

それが母親の口から娘に引き継がれ、娘が成人して子を得たらその子にも引き継がれて行くのである。

子供は親が自信を持って誇らしげに言った言葉を潜在意識の奥に刷り込んで成長して行くのである。

その子が長じて外国に旅行するか留学するまでは、穏やかな日常がながれる。
子供は祖国や民族に誇りを持って成長するのである。

ところが、外国に旅行するか留学をした時から事態は一変してしまうのである。

当初は自分の常識(長年の間に刷り込まれた民族の誇り?)を主張し続けるが、ある時から自分の常識に疑問を感じ始める。それでも頑なに自分の育った祖国や民族を擁護するのである。

しかし触れる情報がことごとく自分の信じてきた常識と食い違っている事に気が付いて来ると次第に自信を失って来る筈だ。

だんだん自分の中に引きこもってしまうだろう。

それでも自分を育ててくれた母親や祖国を誇る気持ちはやすやすと無くなる訳ではなく、潜在意識の中に潜んでいる事だろう。

ある日ちょっとしたトラブル(日常起こりがちな常識的な事柄の食い違い程度)が引き金になり、その娘の心の中に大きな対立が生まれてしまう。

一方は親を思う、祖国を思う、民族を思うといったおもい、そこで培ってきた常識「嘘と捏造が入り交じっている論理的に矛盾した思想」
他方は新たに認識してきた「嘘や捏造では無い本物の常識」との間で葛藤が始まる。

その娘はどちらを選んでも心に深い傷を作ってしまう事だろう。

トラブルの相手の些細な一言がかろうじてどちらにも傾かずにバランスをとって踏ん張っていた心の天秤に一撃を加える。

平行を保っていた心がどちらかに傾く。

結局どっちに傾いても心はずたずたにキズ付いてしまう。

突然全身が震えだし、口から泡を吹き、全身けいれんを伴いその場に倒れてしまう。

これは全て私の想像で書いた事ですが、もしかしてファビョン(火病)ってこの様な原因で発病するのかな〜
[PR]
by JAZZMAN23 | 2008-06-07 10:33 | 独り言