毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 01月 31日 ( 4 )

コープって大丈夫なの?

<中国製ギョーザ>各地で不安の声 学校給食で除外の動きも

<日本生協連では安全な食料、安定した供給、優良産地の調査・確保など、食に関わる総合的な安心を目指しています。
また、作り手や生産者の想いを届けることにも積極的に取り組んでいます。>

言っている事とやっている事の違うやつを日本では昔から「大嘘つき」と言います。

結局コープも「金儲け主義だった」様ですね。

無農薬有機栽培の野菜は高くても賢い消費者ならそちらを選びます。
今回の事件ではっきり分かった事は「コープも普通のスーパーも一緒だった」という事ですね。

主婦の店ダイエーが1957年9月23日 - 1号店がを出店して日本の流通業に大変動が起こりました。それから今年で50年経ちましたが私達はあまりにも多くの文化を失ってしまったのです。

「良い品をよりやすく」を合い言葉に日本の商文化を壊してしまったのです。

今日では日本中どこに行ってもショッピングセンターを見かけます。そこの品揃えはどの店でもほとんど一緒で、どこで買い物しても大差有りません。

これを進歩というのでしょうか?

少なくとも30年程前は買い物に行く楽しみが有りました。旅先でマーケットを散策する楽しみも有りました。その商品もその土地でしか手に入らない物ばかりでした。

今日、札幌で買っても那覇で買い物しても大きな違いは有りません。

という事は、一握りのバイヤーが仕入れた大量生産品しか店頭には並んでいないという事です。

そのバイヤーに対して消費者は何も言えない仕組みになってしまったのです。
と言うのも、駅前に並んでいた昔からの商店が軒並みシャッターを閉じてしまっているからです。

少なくとも以前は商店主が自分の責任で仕入れをしていた訳です。客はその商店主を信用して商品を購入していました。

今回の毒入り餃子を販売してしまったらその商店は店を閉めるしか無くなってしまいます。商店主は自分の店の存続を掛けて良い品を仕入れていたのです。同じ野菜でも値段が違っていたりしました。見た目は多少悪くても味のいい野菜、見た目も味もどちらも良い野菜、では値段も違って来ますが料理に合わせて買い分ける事も出来た訳です。

ほとんどの日用品や食品はそのような形で販売されていたのです。

消費者には選ぶ自由が有りました。
商店は正直に営業していればちゃんと経営が成り立っていたのです。

今はどうでしょう。
顔も見た事の無い一握りのバイヤーが仕入れた商品しか手に入れる事が出来なくなってしまいました。そのバイヤーは自分の会社の経営者の意向を聞いて買い付けているのです。決してお客様を考えて買い付けてはいません。

昨年の秋でしたが東京の伊勢丹デパートにイタリア家具という名前で中共製の家具が売られていてちょっとしたニュースになった事が有りましたね。もしそれが駅前の家具屋さんだったらその店は今頃シャッターを降ろしたままではないでしょうか。

こんな事を書いている私は、今や時代遅れの親父でしょうか。
[PR]
by jazzman23 | 2008-01-31 17:09 | 独り言

従業員がテロリスト?

餃子事件の続報に依れば工場の責任者は姿を消したしまったようです。

報道に依れば従業員と経営者側とで給料の問題でトラブルが有ったようです。

支那人の中には日本人には考えられない行動を取る人間がいる事は、以前から知っていましたが、どうやら今回の事件はそれが原因のようですね。

経営者は自分の利益ばかりを追い求め、従業員は自分のお金だけを考え、主張が通らないと解った途端にとんでもない行動を平然とやってしまう。

昨日まで従順なお芝居をして来た人間がいきなり豹変するのです。あくまでも自分の事が理由で。第三者に病人が出ようが死人が出ようがおかまい無しで。

JTフーズにも問題が有りますね。市価500円前後の食品の仕入れ価格は一体いくらだったのでしょうか。
それの製造をしていた従業員の待遇はどのような状態だったのでしょうか。
今回の様な事態に到りそうだと想像出来なかったのでしょうか。

人を人とは思わないような無神経さが根本原因ではないかと思います。

こんな記事が有りましたよ。クリックしてごらん。
もうこうなったら誰にも防ぎ用が有りませんね。しかしどうやらこれが現実のようです。
こんな国の食品を輸入して利益を挙げようという国内の業者は一体何を考えているのでしょう。自分と自分の家族が食べなければかまわないとお考えなのでしょうか。

どんなに有名企業でも底が知れますね。軍事評論家=佐藤守のブログ日記
も覗いて下さい。参考になるでしょう。
[PR]
by jazzman23 | 2008-01-31 12:20 | 独り言

おいしい餃子の作り方

私手打ち餃子を作るのが趣味なんです。
だから冷凍餃子は食べた事が有りません。

<材料>
小麦粉1キログラム。薄力粉で良い。

具材
これは何でもかまいません。私はニラと豚ひき肉で作ります。
これが一番簡単なのです。でも結構うまいですよ。

ニラ  2束
豚ひき肉  300〜500グラム(結構アバウトです)
サラダオイル
醤油

<手順>
ボウルに小麦粉を600グラム程入れる。
水を入れ、こねる。(耳たぶと同じくらいの固さになるように水を調節する)
粉がまとまったボウルにラップで蓋をして30分ほど冷蔵庫で寝かせる。
別に冷蔵庫に入れなくてもいいんですが・・・

ニラを5ミリくらいにきざむ。
刻んだニラを別のボウルか、お鍋に入れる。
そこにひき肉を入れる。

サラダオイルを入れる。(え〜っ、そんなにたくさん入れていいの?って位入れるのがコツです)
醤油で隠し味をつける。(かすかに塩味を感じるくらいにしておく。入れすぎると塩っぱくてマズくなるからね)

最初のボウルの練った粉を覗いてごらん。あら不思議!水が馴染んで柔らかくなっているよ。
腰を強くしたいのなら又10分程こねましょう。

練り上がった粉を10円玉くらいの直径に延ばす。
包丁で15ミリくらいに切る。
小麦粉を振りかけくっつかないようにする。
麺棒(無ければすりこぎ)で丸く延ばして行く。
UFOのように真ん中にふくらみを残して周りは薄く延ばす。
スプーンに具を取り、真ん中にのせ、餃子の形に包んで行く。

お鍋にお湯を沸かし包んだ餃子をホオリ込む。
一旦沈んだ餃子君達がゆであがると軽くなり浮いてくる。
それをすくいあげて大皿に盛りつけて出来上がり。

酢醤油でもいいし、醤油だけでもいいし、私は餃子のゆでじるで醤油を割ったつけじるで食べるのが好きだよ。

作りすぎて餃子を残してしまったら明日の朝焼き餃子でたべる。(ゆでてしまった場合)
ゆでる前の餃子なら冷凍庫で保存。

こうすれば国産材料だけで安心しておいしい餃子が食べられますけどね。
でも手間はかかります。

50〜60個程で来ます。材料費はかかっても700円位かな。
独身時代の給料前は決まって餃子でした。
[PR]
by jazzman23 | 2008-01-31 11:59 | 独り言
<中国産ギョーザ>どこで殺虫剤混入? 中国での包装段階か

昨日のニュースで中国からの輸入餃子に混入した薬物で重体患者が出た事を知りました。

北京オリンピックを目前にした今、今回のような事は考えられない事件ですね。
北京政府も輸出食品の安全性には相当目を光らせていたのではと思われます。

今回の事態が、毒物が原料に最初から混入していたとしたら言語道断ですが、私はもう一つの可能性「毒物を使った無差別テロ」の様な気がします。

<工場での製造過程での混入の可能性が高いが、厚生労働省の担当者は「限られた商品で被害が出ていることを考えると、個々の商品になる直前に混入したのではないか」とみる。両県警の捜査では、メタミドホスは商品のパッケージから検出されている。この担当者は「包装段階が最もあり得る」と話している。>

テロリストが工場に潜入し、包装ラインで毒物を混入した可能性は十分考えられます。

こうなるとJTやカトキチだけではなく、テロリストはどこの工場に侵入してもおかしく無く、第二第三の毒物中毒事件が何時起こってもおかしくは無いという事でしょう。

北京政府が輸出食品の安全性にいくら目を光らせてもテロリストの攻撃を防ぐ手立ては無いのではと思われます。

自衛手段として「大陸からの輸入食品は口にしない」事しか出来ませんね。

次に考えられるのは、ゲームセンターのUFOキャッチャーのぬいぐるみです。
仮にあそこに毒物が混入していたとしたら・・・

目に見えないテロリストから身を守るには、安全を他人任せにせず、自衛するしか有りません。
[PR]
by jazzman23 | 2008-01-31 11:00 | 独り言