毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 07月 13日 ( 1 )

1年半で何とかなるの?

中国、2010年までに森林率を20%に
 7月9日、中国全国緑化委員会弁公室の李育材副主任は主任会議の席上、「2010年までに全国の森林率を20%以上、森林を構成する樹木の体積の合計である「森林蓄積量」を132億立方メートル以上、全国の都市の緑化率を40%以上とする」と発言した。

 日本の国土の森林の100%は奈良時代までに(約1300年前)全て、人の手が入り原生林は無くなりました。

 その後日本人は森を守り国土を守ってきたのです。

 ちなみにレバノン杉は長年の伐採がたたり、(2004年現在は1200本程度が残るだけになっている。また樹齢1200年以上のものが、400本ほど残ってる。Wikipediaより)そうです。
 つまり日本人が森を守って行きた1300年間に、レバノン杉は絶滅するほど伐採されてきた訳です。

 一度失った森を現代の技術で取り戻そうとレバノンでは虚しい努力が長年行われて来ましたがレバノン杉はかろうじて1200本だけ生き残っているといった有様です。一度でも表土が失われ、砂漠化してしまうと人の力では取り返せない事態になると言う見本がレバノン杉なのです。

 今から200年ほど前には支那大陸の60%は森でした。1990年の調査によると国土に対する森林の割合が20%を切ったそうです。
 このニュースによるとどうやらそれから18年間に、支那では更に砂漠化が進行していると言う事でしょうか。

 人は地球環境を確かに壊してきました。ヨーロッパドイツのシュバルツバルト(黒い森)が有名ですが酸性雨の影響か立枯れする木が多くなり問題になっています。

 砂漠化はしていませんがグレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)もローマ軍が攻め込む以前は豊かな森の国で、妖精や魔女?達が森で遊んでいたそうです。(本当です!)???

 人は学習能力が有る筈ですが、歴史をないがしろにしたり捏造したりしていると自然を舐めてしまう様な風潮になるのでしょうか。

 片方では自然環境の保全の為に人から集めた税金を使い、もう片方では個人の利益の為に自然環境を商品にしてしまう(木材として、あるいは農耕地を確保する為に森を切り開く事)お馬鹿さんがいると言う訳です。

 昔の事はよく分かりませんが、現代の漢族は一体どちらの部類に入るのでしょうか。

 願わくば国民全員が自然環境を守る為に税金をつぎ込む側でいて欲しいものです。

 しかし1年半で森林を回復するとは一体どのような方法を用いる事でしょうか?

 私には主任会議で発言したと言う「中国全国緑化委員会弁公室の李育材副主任」は自然を舐めているとしか思えません。おそらく無知なトップをペテンにかけ、国家予算と言う支那国民から集めた税金をだまし取ろうとしている様に思えます。
[PR]
by jazzman23 | 2008-07-13 11:58 | 世相探索