毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Excite  【北京27日共同】中国外務省の孔泉報道局長は27日、談話を発表し、森岡正宏厚生労働政務官が「(A級戦犯は)日本国内ではもう罪人ではない」と発言したことなどに対し「強烈な憤慨」を表明した。
 孔報道局長は森岡政務官の発言を「個人的でも、偶発的でもない」と指摘。小泉政権への不信感を強めていることを示しており、中国が今後、対日姿勢を一層硬化させる可能性が高い。
 局長は発言を「国際正義と人類の良識に対する公然たる挑戦」と非難。「日本軍国主義の野蛮な侵略によって被害を受けた国民の感情を深く傷つけるものだ」と激しく反発した。
 その上で「東条英機(元首相)をリーダーとするA級戦犯は世界平和と人道に対する歴史的罪人」と断定し、極東軍事裁判(東京裁判)の結果を「戦後国際政治の基礎」と、断固として尊重していく立場を強調した。
 また「日本は国際社会で責任ある役割を演じられるのか疑問だ」と述べ、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを強くけん制した。


いい加減な法律制度の国と違って日本はまともな法治国家なので森岡正宏厚生労働政務官のコメントには文句の付けようのない法律の裏付けが有ります。
多分中共にはそのような法律の知識の在る人材が一人もいないんでしょう。だからこのようなトンチンカンな反応をしてしまうのですね。

中華思想から抜けられない支那人には国際法という概念も無いと思います。文化大革命という文化人の大虐殺をやったツケがこんな所に出て来るのですね。
10年もかけて2000万人もの学者、文化人を国内から消し去って、教養の無い拝金主義者ばかりの国にしてしまったから、日本では中学生でも理解出来る事も理解出来ない馬鹿者だらけの国家になってしまったのです。

日本は東京裁判史観により拘束されない。(青山学院大学名誉教授 佐藤和男)

私も佐藤和男名誉教授の解釈で間違っていないと思います。当然森岡正宏厚生労働政務官のコメントは至極当然の内容で有るし国際法の精神にも外れていません。

でもあの国の人達にはレベルが高すぎて判らないでしょうね。日本人なら中学生でも判断出来る程度の事なのにね〜。
最もそれが理解出来るレベルな孔泉報道局長はこんな恥さらしな談話など発表しませんがね〜〜〜。

喜多見 梁右
[PR]
by jazzman23 | 2005-05-28 05:58 | 独り言
Excite 25日付の中国国営紙チャイナ・デーリーは社説の中で、日本が過去の戦時中の行為に対して行った謝罪は価値がない

子供の頃視た「ドラキュラ映画」の中で、ドラキュラの苦手な物が色々と登場しますが、どうやら現代のドラキュラは「裏付けのちゃんとした歴史認識」と「靖国神社」が苦手のようですね。

前の戦争から60年経過して、埋もれた資料が続々発掘されて歴史の真実が姿を現し出しました。

最近出版された「紫禁城の黄昏」を読むと、その頃の清朝の状態も支那による国と言う概念もおよそ現代の感覚からは想像できません。
その後、孫文による革命で清朝の終焉。

日本大使館に清朝皇帝が保護を求めて駆け込んだ辺りからややこしくなって来た訳です。

それはさておいて、現代の吸血鬼は正義とか真実、公正と言うのに弱そうです。
また、「慈悲」「思いやり」「先祖を敬う心」にも過剰反応するようです。

無実の罪で処刑された日本の英霊が怖いのでは無いかと思います。
共産主義者には心を癒す信仰がないので自分たちがおかした罪に直接向き合わねばならないので、日本国総理大臣が靖国神社に参拝する事を、心の底からの恐怖心で震えているのでは無いかと思えます。

中国共産党による殺人の歴史によると、本家のソビエト共産党の殺した倍の人間を中国共産党は殺したそうです。

宗教が無いと言う事は、人間は死んだら終わりと言う事ですが、宗教が当たり前な人間に取っては、死んだら霊魂が永遠の生命を持ち、輪廻転生したり、悪事を働いた人間に祟ったり色々なことが起こる訳です。

「神国日本」の戦死者を合祀する靖国神社の英霊に対して恐怖心を感じて来たのかな?

喜多見 梁右
[PR]
by jazzman23 | 2005-05-25 19:33 | 独り言

最低な会社だね!

Excite; 死傷者多数13人認識=ボウリング参加の社員

イマジネーションの欠落?

仮に自分の家族が事故に逢ったら、のんびりとボーリングに興じれるだろうか?

それとも管轄が違うから自分は関係ないと思ったのだろうか?

この記事を読んでこう感じた。
JR西日本の社員は「ロボット」或は「奴隷」のような人種で、自分で何も判断出来ない哀れな連中なのか?

事故車両にたまたま乗り合わせて助かった乗客の多くは、真っ先に乗客の救助を行ったそうだ。誰に言われる事も無く、自分で判断して即実行した。
自分の頭で考えれば当たり前の事が、JR西日本の社員に出は来なかった。
事故現場から上司に携帯電話でお伺いを立て、出勤して乗務についた。
テレビ、ラジオの臨時ニュースで事故の重大さを報道していたのにボーリング場に向かった。

まるでバグだらけのソフトを組み込んだ人間型のロボット達だ。
自分では何も判断せず、全て人任せで、今回の事も自らコメントをする訳でもなく、どうせ会社のトップ達が代わりに頭を下げて終わりだ。

それで良いのか?

このまま「ロボット」「奴隷」で良いのか?

自分は無いのか?

理不尽なら「理不尽だ!」と言えば良い。あなたが言う事はあなた自身の言葉だ。
あなたの言葉はあなたの都合であなたの勝手だ。でもそこまではあなたの責任だ。

それを会社の上司がどう受け取るかはあなたの上司の都合で、上司の勝手だ。

拒否するか採用するかは相手が決める。そこまであなたは考える必要は無い。

マスコミではJR西日本の体質がどうのと言う論調になりそうだが、この会社に限った事ではない様に思う。
会社は、個人では出来ない事業を共同で責任を分担しながら遂行して行く組織だ。しかも規模が大きくなればなるほど社会に対して責任も大きくなる。
しかし個人が集まっての企業だ。奴隷が集まってではない。
人間が集まって共同で責任を分担し合って遂行して行く。

今回の事故では肝心な人間性の欠如が露見した。
今回の事故の被害者や遺族、日本国民はその事に対して怒りを感じている。

人間性を殺す会社経営に対して怒りを感じる。

本来の日本人は一人一人が自由に意見を言い、共同して目的を果たして来たはずだ。
東洋で初めての鉄道事業を経営した先人達は自由に発言していた。

JR西日本の社員は全員人間であるべきだ。自由に発言し、自由に行動出来、誰にも束縛されず人間として生きて行くべきだ。
自由人が自発的に責任を分担して会社を運営して行く、自分の分担する事に誇りと喜びを感じ、利用者も喜びを感じる。
そういう会社になってほしい。

喜多見 梁右
[PR]
by jazzman23 | 2005-05-05 22:25 | 独り言