毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<北京五輪>中国各地で反仏デモ広がる スーパー不買も

小泉内閣の時の反日デモ。

福田内閣になった途端の対日友好姿勢。

最近の中共の姿勢だけを眺めても単純明快な反応ですね。

中共寄りのジャック・シラク氏から、ニコラ・サルコジ氏に交代した直後は比較的友好ムードを見せていた中共ですが、ニコラ・サルコジ氏が北京オリンピックの開会式出席を辞退した途端に、急遽路線変更です。



どうやらこの国には対外戦略のマニアルがちゃんと有るようで、そのマニアルに沿って外交政策を執り行っているようですね。
しかもそのマニアルはどうやら毛沢東時代に作られたものを今でも使用しているみたいな印象を受けました。
中国共産党「日本解放第二期工作要綱」

と言う事は、彼らは本気で日本を飲み込もうと今この瞬間も考えており、その為の布石を着々と進めていて対日政策では有る程度の結果が出ている様子がうかがえるのです。

つまり、日本国の中枢にクサビを打ち込む計画を1949年以降ずっと一貫して継続し、有る程度の利益を手に収めたと言う事です。

それにしてもさすが大陸に生息する漢民族ですね。
日本人の様な気の短い民族には想像すら出来ない忍耐力です。

水滴がぽたぽたと岩に一滴ずつ落ちて、日本人には何の変化も感じられない現象を、彼らは岩に水滴が開けた穴をイメージ出来るようです。

今回のフランス製品の排斥運動も、中共政府のマニアルに則った予定された行動と言う事でしょう。
[PR]
by jazzman23 | 2008-04-20 13:26 | 世相探索
植草元教授2審も実刑 車内痴漢、誤認ないと高裁

これこそ裁判員制度で判断すべき訴訟事件ですね。

判決文をまだ目にしていないので突っ込めませんが、ねじ曲げた裁判ではないかと感じました。一審も証拠の認定(と言うのかな?)では検察側の証拠(不自然に感じましたけど)だけを採用し、弁護側の証拠は却下してしまった経緯を聞きましたのでこの判決は予想していました。

法の上では平等と中学校で教わりましたけどこの裁判のどこが一体平等なのでしょうか?

植草教授と被害者?の女子高生の身長差では後ろから女子高生の股間に手を回す事は可能だったのでしょうか。
その実験結果も証拠として弁護側が提出したそうですが「却下」だったそうです。

と言う事は、この判決は物理法則迄ねじ曲げた判決のようですね。

まだ白を黒と言い張る方が可愛く思います。(これは主観の問題ですから)

しかしこの宇宙共通の物理法則を無視するようでは・・・

裁判官になるのに中学レベルの物理の知識は不要のようですね。
[PR]
by jazzman23 | 2008-04-16 12:43 | 独り言

低レベルの議論

<長寿医療制度>呼び名変えた舛添氏に厚生族激怒

どうも物の本質が理解できていない政治家が多すぎますね。

現在の医学は100年程前のルイ・パスツールの医学の延長線上に有ります。従って日本人が海外でまれに法定伝染病に感染して帰国後発病すると、テレビのニュースになるほど大騒ぎをするのです。つまりルイ・パスツールの医学はそこ迄進んでおり、ほとんどの伝染病はまれにしか発生しない程医学は進歩しているのです。

今日の医療費の高騰はルイ・パスツールとは全く違う次元の疾病が頻発しているのに他なりません。

現代人の死亡原因の主立った疾病は、パスツールの医学では歯が立たないのです。
何故なら病気の原因がパスツールの時代には無かったからです。

マクガバンレポート(ネットで検索すればたちまち数万のサイトがヒットします)に国家予算を食いつぶす疾病の原因が書かれているのに、日本の政治家や役人はどうやらご存じないようですね。

もちろんパスツールの医学を何年も学んで医師免許を取得した医者も関心を示しません。それは当然ですよね。自分の医者としてのプライドが許しませんからね。

これからの医学は、予防と自己免疫力の向上がポイントになるでしょう。

言うまでもなく食生活と生活習慣を自然に戻すことですね。
[PR]
by jazzman23 | 2008-04-04 13:17 | 世相探索