毎日のニュースから感じたままを書き込みます


by jazzman23
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

横須賀情報に依ると

US戦闘艦が29日までにドック入りの2隻を除き皆出港したそうだ。

その後を追う様に護衛艦も全部出港した。

向かう先は不明。

未確認だが、オバマはヒラリーの強攻策に対し猛反対した模様。
今後は事態の推移を見守るしか無い。

防衛省は予備自衛官の所在確認を始めた模様。

マスメディアを見ていても情報が何も入らないのでネットサーフィンで情報を集めたが、予備自衛官の情報は私はまだ未確認です。

オバマ大統領の力量が試される事態が迫って来たようです。
韓国の前大統領みたいにならない事を祈って。
[PR]
by jazzman23 | 2009-05-31 01:37 | 世相探索
どうやら今回の核実験では中国は北朝鮮をコントロール出来なかったようだ。同様にロシアの意向も無視したようである。

今ひとつ疑問に思うのは核実験後に空中から放射線物質が何も検出しなかったという事実である。という事は今回の核実験に使われた核爆弾は純粋水爆の可能性がおおきい。
私の知る限り自然現象で地震の原因として純粋水爆が地中深く自然現象として起こるという説を日本人の地震学者が以前から唱えていただけで、それ以外は殆ど情報がない。

日本ではアカデミズムが無視した学説を北朝鮮では本気で研究し,コントロールに成功し純粋水爆という核兵器として実用化したとでも言うのだろうか?
有り得ない。ソ連時代にソ連の工業設備を譲り受け工業生産をしてきたにもかかわらず、ソ連崩壊でロシアになり、機械部品の供給がストップしたら工業製品の生産がたちどころに止まってしまう様な技術レベルの国で世界最先端の核技術を秘密裏に開発する事など出来様が無い。

という事は北朝鮮で作った核では無く、外国から北朝鮮に持ち込まれた核を、このタイミングで爆発させたと考えるのが自然ではないだろうか。

では一体何処の国が持ち込んだのであろうか。
核兵器の開発国で自国領内で実験出来ない国の可能性が最も高く、更に北朝鮮と利害が一致する国・・・そう考えると地中海に面した何かとお騒がせな中東の北朝鮮と言われるあの国しか無いではないか。

911のツインタワー崩落にも純粋水爆が使用されたようだと言う記事を911関連のサイトで読んだ事がある。

殆ど放射線物質を出さない工事用の核兵器は1954年頃からアメリカ陸軍の管理で使用されてきたと言う証言が昨年ネットで公表された。それから50年も研究を続ければ純粋水爆はすでに実用化されていても不思議ではない。

しかしそれを人間の密集しているニューヨークのど真ん中で使うとなると普通の感覚を持った人間ではない筈だ。

ここに書いた記事はネットで検索すれば今でも誰でも検索可能な情報ばかりだ。
自分で調べればこれはガセネタか本物か誰でも一日で分かる。

この記事に批判のコメントを書き込むならその作業の後にして欲しい。
調べれば調べるほどゾッとしてくる。

最後に、オバマは先制攻撃を考えているという情報も在る。巡航ミサイルによって北朝鮮の軍事拠点を叩く準備を始めたようだ。願わくば巡航ミサイルの弾頭部に算術核を使わない様に。
[PR]
by jazzman23 | 2009-05-30 17:17 | 世相探索
何度も何度もダマされてしまう人に共通する特徴があります。

それは直ぐに怖がる性格です。

一ヶ月くらい前から豚のインフルエンザで日本国内は大騒ぎでしたね。
しかし私の周りにはインフルエンザにかかった人は誰もいませんでした。
むしろ昨年暮れから今年のはじめの方が大流行してましたね。
あの頃のテレビの話題は「派遣切り」と一人一万二千円の「特定給付金」という名前の麻生太郎の賄賂バラまき法と「国民の財産であるかんぽの宿大安売り問題でした。

その後北朝鮮のミサイル?民主党小沢氏降ろしキャンペーン。

私はテレビや新聞を殆ど見ないので影響される度合いが低いのではと思っていますが
まともに毎日マスコミの流すニュースを見ていたら肝っ玉の小さい私は耐えられないのでは無いかと思う今日この頃です。

2年前まではこのブログに週一くらいの割合でニュースに対してコメントしてきましたが、そのせいかどうか知りませんが心臓の具合が悪化し死に損なうという貴重な体験をしました。

入院そして緊急手術で一命をとりとめ、安静の為にテレビや新聞から遠ざかっていた所順調に回復し日常の生活に戻る事が出来ました。
戻ると言ってもめたきりにならない程度に戻っただけでとても普通に仕事に戻るまで回復はしませんでした。

しかしその入院のお陰で新たな発見が出来たのです。それは

「恐怖心が寿命を縮まる」

ということでした。
さらに「恐怖は洗脳されやすい状態を作る」という事です。
「恐怖心は自分を無力にしてしまう」という事も解りました。
しかしその結果、やせ我慢でもいいから「突っ張る」と強さが戻るという事も確認する事が出来ました。

今日からこのブログに私がこの2年間に体験した宝物の体験を書き込もうと思っています。

その体験とは「幸福の入り口を発見?」です。
[PR]
by jazzman23 | 2009-05-27 20:57 | 独り言